国立競技場・ダガヤサンドウ・新宿御苑周辺の1000円で楽しめるランチ・スイーツ・カフェ食べ歩きブログ

国立競技場・ダガヤサンドウ・新宿御苑の近所に住むアラフォーがおすすめの美味しいお店をリポートします

四谷三丁目 ランチ『峨嵋山(がびさん)』おすすめメニュー4選と駅からの行き方【高級中華を1000円以内で食べられる!群を抜いてウマい本格四川料理】

四谷三丁目駅から徒歩3分。

高級中華の味を

1000円以内で食べられる

界隈ナンバーワン(独断)の本格四川料理のお店

「峨嵋山(がびさん)」

をご紹介します。

基本情報、四谷三丁目駅からの行き方、

お店の外観と店内の様子、

全メニューと値段、

ヤマダのおすすめメニュー4選

をご案内します。

 

【 目次 】

 

『峨嵋山(がびさん)』の基本情報

「峨嵋山」の基本情報です。

  *営業時間・定休日は変更となる場合があります

 

 

 

駅から『峨嵋山(がびさん)』までの行き方

四谷三丁目駅から「峨嵋山(がびさん)」までの行き方(徒歩3分)

  1. 丸の内線 四谷三丁目駅四谷消防署出口を出る。

  2. 四谷消防署を左に見ながら、外苑東通りを直進。

  3. 3分程度歩くと左手に「峨嵋山(がびさん)」の緑色の看板が現れる。 

 

 

 

『峨嵋山(がびさん)』の外観と店内の様子

外苑東通りに溶け込む

緑地に白い文字の看板が目印。

ビルの2階にあります。

静かな通りとうってかわって

店内は賑やか。

週末は

周辺のオフィスが休みなので

外は閑散としてるのに

中は関係なく賑わってる。

立地的に

何かの途中に立ち寄る

的なお店ではないので

みなさんわざわざ

「峨嵋山」の味を求めて

四谷三丁目まで足を運ぶのです。

 

峨嵋山の店内は

整然としていて

広々。

混んでるけど

回転は速い。

 

「峨嵋山」とは

中国、四川省にある山で

仏教の聖地。

中国三大霊山

中国四大仏教名山

の一つ。

 

店内にある掛け軸には

中国の漢字が

なんともアートに

並んでいる。

 

伝統的にみえるけど

店内を流れる音楽はジャズ。

粋ですよね。

 

とても素敵なマダムが出迎えてくれます。

無駄な愛想笑いはせず

サバサバしてて

でも

子供好きで

なんとも温かい

お母さんのような方。

時々見せるニコッ

に胸キュン。

 

席は33席。

客層はみごとに老若男女。

おひとりさま、カップル、グループ、子連れ

みんなに愛されてます。

 

 

峨嵋山(がびさん) 店内

峨嵋山(がびさん) 店内

峨嵋山(がびさん) 店内の様子

峨嵋山(がびさん) 店内の様子



 

 

 

『峨嵋山(がびさん)』の全メニューと値段

 峨嵋山のランチは950円。

この値段

平均的にみえるかもしれませんが

このクオリティでこの値段??

という驚きのコスパです。

 

看板メニューの

麻婆豆腐

担々麺

五目焼きそば

は固定。

これ以外に

日替わりメニューがあって

炒め物などが3種類くらいと

麺が2~3種類くらい。

麻婆豆腐や炒め物には

ごはん

スープ

小鉢(サラダとか煮物とか日によって色々)

漬物

がつきます。

麺には

ミニ炒飯や杏仁豆腐がつきます。

 

ごはんはお代わり無料。 

 

テイクアウトもできます。

 


 

峨嵋山(がびさん) メニュー

峨嵋山(がびさん) メニュー






『峨嵋山(がびさん)』のおすすめメニュー4選

ヤマダのおすすめ峨嵋山メニュー4選をイチオシ順にご紹介します。

独断と偏見ごめんなさいです。

好みは人それぞれなので、ご参考までに。

 

1.麻婆豆腐

峨嵋山の看板メニューです。

初めてお越しの際は

やはりまずはこれを召し上がっていただきたいです。

もんのすごい美味しいです。

旨味がぎゅっと凝縮してて

香辛料の香りがブワ~っと吹き抜けて

イイ感じの辛さで。

旨味と香りと辛みが絶妙なバランスで融合。

油がたっぷりで

でも上質だから胃がもたれない。

山椒が

主張しすぎず

でも確実な存在感で

たまらん。

ごはんがすすむすすむ。

四谷三丁目を代表する逸品だと思う。

セットのスープや小鉢も日替わりで

とても美味しい。

 

峨嵋山は

夜は基本

高級中華のお店なんです。

味はほんと

高級ホテルにあるようなお店と並ぶレベルで

値段もそれなり。

それが

ランチだと

夜と同じ味(材料は少しかわります)なのに

値段が1000円を切るという感動のコスパ

ここが峨嵋山ランチの魅力。

この味でこの値段??

っていう。

 

 

峨嵋山(がびさん) 麻婆豆腐

峨嵋山(がびさん) 麻婆豆腐

峨嵋山(がびさん) 麻婆豆腐定食

峨嵋山(がびさん) 麻婆豆腐定食

 

 

2.炒め物

峨嵋山の看板メニュー

麻婆豆腐を体験された後は

もうこの

「炒め物」がおすすめ。

めちゃくちゃウマいです。

なんなんでしょうね。

まずね

ベースの出汁?スープ?

が違うんですよ。

旨味がすごいの。

で具がゴロゴロ入ってる。

野菜の火の入れかたが

絶妙なんですよね。

歯ごたえをしっかり残しつつ

旨味も引き出し閉じ込めてある。

野菜は一回油に通してるのかなぁ

なんでこんなにウマいんだろうなぁ。

肉や魚にもいちいち下味がついていて

一度油に通してるかんじ。

ひとつひとつの素材に手間をかけてる。

家じゃ絶対再現できない。

 

そして

峨嵋山の炒め物の特徴は

なんとも

オリジナルなところ。

チンジャオロースとか

よくある典型メニューじゃなくて

例えば

もやしとにらと牛肉の唐辛子炒め

牛肉と紋甲イカオイスター炒め

牛肉細切り春雨煮

紋甲イカとセロリのオイスターソース炒め

豚肉細切りとキャベツ唐辛子炒め

小海老かんずり炒め

豚肉細切りと茄子のチリソース炒め

四川名菜よだれ鶏

などなど

豊富すぎて(毎日変わる)

書ききれません。

毎回違うから飽きないし

わくわくする。

 

そしてやはりセットの

スープや小鉢にも

妥協がなく

ひたすら美味しい。

 

峨嵋山(がびさん)ニラ、モヤシ、牛肉細切りタカの爪炒め

峨嵋山(がびさん)ニラ、モヤシ、牛肉細切りタカの爪炒め

峨嵋山(がびさん) 牛肉、紋甲イカ、オイスターソース炒め

峨嵋山(がびさん) 牛肉、紋甲イカオイスターソース炒め



峨嵋山(がびさん) 牛肉細切り春雨煮   

峨嵋山(がびさん) 牛肉細切り春雨煮  

峨嵋山(がびさん) 炒め物

峨嵋山(がびさん) 炒め物

峨嵋山(がびさん) カニと春雨煮

峨嵋山(がびさん) カニと春雨煮

峨嵋山(がびさん) 紋甲イカとセロリのオイスターソース炒め

峨嵋山(がびさん) 紋甲イカとセロリのオイスターソース炒め

峨嵋山(がびさん) ランチのセット

峨嵋山(がびさん) ランチのセット

峨嵋山(がびさん) ランチはスープや副菜がつく

峨嵋山(がびさん) ランチはスープや副菜がつく

峨嵋山(がびさん) セットが嬉しい

峨嵋山(がびさん) セットが嬉しい








3.五目焼きそば

 これがもう

すんごい美味しい。

迷ったらコレ注文してください。

間違いないです。

ベーシックなメニューだからこそ

他店との違いが歴然とします。

よそとの比較とかよくないのかもしれませんが

私峨嵋山のまわしもんでもなんでもないですが

とにかくね

叫びたい。

 

他と全然ちがう!!

 

やっぱベースの出汁だよね

違うの。

具はですね

豚肉、白身魚(揚がってる)

いか、えび、きくらげ、青菜、

たけのこ、などなど。

すさまじい旨味のあんかけが

とろ~りあつあつで

絶妙な硬さの香ばしい麺に

からみつく。

最高の味。

一時期は毎週食べてました。

四谷三丁目で五目焼きそば食べるなら

峨嵋山です。

 

峨嵋山(がびさん) 五目焼きそば

峨嵋山(がびさん) 五目焼きそば


4.担々麺

 文句なしの美味しさ。

なんていうか

意外といい意味で

素朴

なんです。

担々麺ブームで

たくさんのお店を食べ歩きましたが

最近の担々麺って

どれもクリーミーでオリジナリティの強い

濃いものが多いんですよね。

でも峨嵋山の担々麺は

さらっとしてて

素朴な中華麺を使っていて

中国の本場の味に近い。 

 

峨嵋山(がびさん) 担々麺

峨嵋山(がびさん) 担々麺

 

 

 

いかがでしたか? 

高級中華レベルの味を

1000円以内で食べられる

界隈で群を抜いたウマさの

本格四川料理のお店

『峨嵋山(がびさん)』

 大満足のランチタイムを保証します。

 四谷三丁目にお越しの際は

是非お試しあれ!