国立競技場・ダガヤサンドウ・新宿御苑周辺の1000円で楽しめるおすすめランチ・スイーツ・カフェ食べ歩きブログ

東京オリンピック・パラリンピックにむけて、国立競技場・ダガヤサンドウ・新宿御苑の近所に住むアラフォーが約1000円で楽しめる美味しいランチ、スイーツ、カフェのお店をご紹介します

国立競技場/千駄ヶ谷 ランチ『ヘンドリクスカリーバー』おすすめメニュー6選と駅からの行き方【ぶっ飛ぶウマさ!超濃厚スパイシーカレー】

 

国立競技場駅から徒歩8分、千駄ヶ谷駅から徒歩10分のランチ。

ぶっ飛ぶ美味しさの超スパイシーカレー店『ヘンドリクスカリーバー』をご紹介します。

お店の外観と店内の様子、全メニューと値段、ヤマダおすすめのメニュー6選、基本情報、駅からの行き方をご案内します。

 

【 目次 】

 

『ヘンドリクスカリーバー』の外観と店内の様子

外苑西通りに突如現れる、お洒落なバー。

店内では、店名に象徴されるように、ジミヘンをはじめとする80年代くらいまでのR&B、ソウル、ブルース、ファンク、ロック、ポップスといったカッコよすぎる音楽が流れています。

ムードある暗めの店内で音楽を聴いていると、クラブにいるよう。

ランチタイムはカレーがメインですが、バータイムはカレーだけでなく多種類のスパイス料理とお酒を楽しめます。

カウンター6席、テーブル14席の計20席。

客層は老若男女、おひとりさま、カップル、団体と様々。

 

ヘンドリクスカリーバー 外観

ヘンドリクスカリーバー 外観

ヘンドリクスカリーバー 店内の様子

ヘンドリクスカリーバー 店内の様子

 

 

『ヘンドリクスカリーバー』の全メニューと値段

ランチの固定メニューはチキン、野菜、キーマ・マトンで、950円。

日替わりメニューはポークなど、日によってさまざま。1日1種類で、1000円ちょい。

サフランライス、ナン、ライスとナンを半分ずつ、の3択。

 

 

ヘンドリクスカリーバー 固定メニュー

ヘンドリクスカリーバー 固定メニュー

ヘンドリクスカリーバー 日替わりメニュー その1

ヘンドリクスカリーバー 日替わりメニュー その1

ヘンドリクスカリーバー 日替わりメニュー その2

ヘンドリクスカリーバー 日替わりメニュー その2

 


ヘンドリクスカリーバー』のおすすめメニュー6選

ヤマダの一押しランチメニュートップ6!

独断と偏見ごめんなさいです。

ていうか全部ウマすぎて、ほぼ差なし。

 

1位 キーマ・マトン

鬼級にウマい。

マトンのひき肉とスパイスたっぷりのキーマカレー

肉が粗挽きで、ジューシー。

マトンのクサみは皆無、旨味のみが凝縮。

何種類ものスパイスがふんだんに使われ、口に入れた瞬間、突風が脳天へと吹きける。

スパイスはほどよく粗挽きで、ときどきガリっとなって刺激的。

クリーミーとスパイシーのハーモニー。

ライスとナンを半分ずつ、がおすすめ。

ナンは肉厚で弾力あり。

こんがり香ばしく焼かれ、溶けたバターが輝く。

外はカリッカリ、中はモッチモチ。

ライスに添えられたピクルスがめちゃくちゃ美味しい。

パプリカ、キュウリ、ニンジン、ごぼう、大根、きのこ、キャベツ、れんこんなど、旬の野菜が多種類。

感動のひとときを保証します。

 

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー キーマ・マトン

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー キーマ・マトン

ヘンドリクスカリーバー キーマ・マトン

ヘンドリクスカリーバー キーマ・マトン

ヘンドリクスカリーバー キーマ・マトン ナンと一緒に

ヘンドリクスカリーバー キーマ・マトン ナンと一緒に

 

ヘンドリクスカリーバー ピクルス

ヘンドリクスカリーバー ピクルス

 

 

2位 チキン

目の覚めるウマさ。

やわらかジューシーなチキンがゴロゴロ、ボリューム満点

ルーはさらっとしてるのに、凝縮された旨味と何種類ものスパイスが融合し、超濃厚。

「カレー」というより、もはや「スパイス料理」。

 ヤマダはヘンドリクスと出会うまでは、

「スパイス?カレー粉ちゃうん?」

ぐらいの認識でした。

この店のチキンカレーと出会い、スパイスの威力、奥深さ、素晴らしさを知りました。

カレーの味わい方も変わりました。

そんな一品。

 

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー チキン

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー チキン

ヘンドリクスカリーバー チキン

ヘンドリクスカリーバー チキン




 

3位 ポーク

ぶっ飛ぶウマさ。

日替わりメニューでときどき出没。

頻度は結構高いですが、いつもあるわけではないのでご注意です。

ベースは旨味凝縮×弾けるスパイスの超濃厚カレー。

玉ねぎた~っぷりで、ほのかな苦みがアクセント。

これに角煮に使われるような豚バラカタマリ肉がごろり。

やわらか~くてホロッホロ。

叫びたくなります。

 

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー ポーク

ヘンドリクスカリーバー おすすめメニュー ポーク

ヘンドリクスカリーバー ポーク

ヘンドリクスカリーバー ポーク

4位 日替わり

日替わりは、そのときの旬の素材を使ったオリジナルメニュー。

ある日のメニューは、揚げ茄子とフレッシュトマトと鶏肉のカレー。

このお店の骨格は↓の掛け算。

ベースのカレーがド級にウマい×

具がゴロゴロたっぷり×

センスのカタマリのようなシェフのアイディア

=満足間違いなし。

 

ヘンドリクスカリーバー 日替わり 揚げ茄子フレッシュトマト鶏肉カレー

ヘンドリクスカリーバー 日替わり 揚げ茄子フレッシュトマト鶏肉カレー

ヘンドリクスカリーバー 日替わり チキンがゴロン

ヘンドリクスカリーバー 日替わり チキンがゴロン

 


5位 野菜

他では見たことのない野菜カレー。

めちゃくちゃ美味しいです。

ヤマダは肉食なので5位となっただけ。

 なす、ニンジン、キュウリ、ジャガイモ、ズッキーニ、ゴーヤ、えのきだけ、玉ねぎなど、そのときの旬の野菜が多種類ごろんごろん。

これらが素揚げされ、カレーの上にどーん。

さっくさくジューシー。

野菜の旨味と歯ごたえしっかり。

火の入れ方が絶妙なんですよね。

ベースのカレーはいうまでもなくスパイスと旨味たっぷりの傑作。

肉食の方にはもの足りないかもですが、美味しいは間違いない。

 

ヘンドリクスカリーバー 野菜

ヘンドリクスカリーバー 野菜

 

 

6位 ラッシー

このラッシー、美味です。

甘さ超控えめで酸味が効いてる。

さっぱりなのにクリーミーで濃厚。

甘み、酸味、クリーミーの配分が絶妙。

シェフのセンスとしかいいようがない。

スパイシーカレーに合いすぎ。

 

 

ヘンドリクスカリーバー 濃厚ラッシー

ヘンドリクスカリーバー 濃厚ラッシー

 

 

 

ヘンドリクスカリーバー』の基本情報

  *営業時間・定休日は変更となる場合があります

 

駅から『ヘンドリクスカリー バー』までの行き方

国立競技場駅からヘンドリクスカリーバーまでの行き方(徒歩8分)

  1. 大江戸線国立競技場駅A3を出て目の前の外苑西通りを右にひたすら進む。
  2. 国立競技場を過ぎ、ホープ軒を過ぎ、さらに進むと、右手にヘンドリクスカリーバーが現れる。

 

千駄ヶ谷駅からヘンドリクスカリーバーまでの行き方(徒歩10分)

  1. JR総武線千駄ヶ谷駅の改札を出てすぐ左にある交差点を東京体育館側に渡る。
  2. 東京体育館を右にみながら、国立競技場の方向へ、外苑橋の手前まで進む。
  3. 外苑橋の手前の階段を降りる。
  4. 降りたところが外苑西通り。これを右にひたすら進む。
  5. 国立競技場を過ぎ、ホープ軒を過ぎ、さらに進むと、右手にヘンドリクスカリーバーが現れる。

 

 

目が覚めるほど美味な濃厚スパイシーカレー!

『ヘンドリクスカリーバー』

感激のランチを保証します。

お試しあれ!